神々の花嫁になった少女

美しき少女プシュケが、神になるまで

嫉妬に駆られた女神達の報復、それはヘラについて散々と説明したとおりだが、彼女の怒りは主にゼウスの浮気相手になったものへと向けられるものだった。最も恐ろしく思わなければならないところは、それ以外の女神たちが自分たちよりも上だということを吹聴する輩の存在だ。アラクネのようにアテナ以上に優れた織物を作れると彼女の自尊心を傷つけてしまったがために、蜘蛛として生涯を終えることとなる。こうした点も先に話した嫉妬といえる感情に苛まれた女神達の行動である。

愛憎という名の焦土に駆られた女神達の猛追は人間にとって苛烈極まりない、そのため大半の人間達は神に逆らわずにいる。そんな中で一人の、神の花嫁として人間から神へと神格化された一人の少女の話がある。それは恋愛を司る『女神プシュケ』の話だ、彼女は元々神ではなく人間としてその生を受けた存在だ。だが何故一介の人間だった少女が女神になれたのか、その顛末には愛と美を象徴する女神の執念とも言える嫉妬、そして彼女に恋をした一人の神との純愛が秘められていた。

美とは力。そして笑顔は美の剣です。

美しき少女と一人の神との出会い

プシュケはとある国の王女として生まれた、三人姉妹の末っ子だったが、その容姿は人間離れした神にも等しき美しさを兼ね備えていると彼女の国の人々は騒ぎ立てた。まるでアフロディーテー以上の美しさだと人々は敬い、崇め、信奉の対象としてまで昇華して行く。この時プシュケが慢心していたら物語は変わっていた、だが彼女はそんな還元に惑わされること無く誠実な心と、純真な無垢さを兼ね備えた女神ともいうべき王女として素養を高めていく。やがて彼女の話は天界にいる愛と美の女神であるアフロディーテーの耳に届いたが、自分以上の美しい存在などいるはずはないと激怒するのだった。

自分こそが美として至高の存在であると絶対不遜の態度でいた女神を怒らせたとしてアフロディーテ-は息子の『エロス』に愛の矢を射抜いて、爛れた男と恋をしてその生涯を終えるようにと策略を画策するのだった。

命令を受けた息子のエロスはその日の夜の内に、寝ているプシュケに逢いに行くのだった。この時彼は彼女に何の感情も抱いていなかった、命令されたとおり愛の矢を射抜こうとした瞬間、寝返りを打った彼女の顔を見たとき、その決意は揺らいでしまう。そう、あまりの美しさに神であるエロスでさえ見蕩れるほどの容姿を持っていた、躊躇してしまったエロスは持っていた矢を間違えてはなってしまい、それが自分の足を掠めてしまう。その勢いで矢の効果によってエロスはプシュケに恋心を持ってしまうという、アフロディーテーの逆鱗を更に撫でる結果になってしまうのだった。この瞬間、物語は始まった、エロスとプシュケの、儚くも美しく結ばれるまでの長い道のりを紡ぐ軌跡が。

愛を悔やみ、愛を知った少女の決意

その後、アフロディーテーの恋愛を司る力によってプシュケに男性から愛されない呪いをかけられてしまい、明らかにおかしい様子に一国を統べる王である父と后である母は神託を受ける。その内容とは『世にも恐ろしき悪人と結婚させるため、山の頂に娘を置け』というものだった。神託を無碍にすることは出来ないとしてプシュケはお告げに従い、父と母、そして国民らが悲しむ中で一人の美しき娘が供物として捧げられた。内心は恐怖に苛まれ、両親とも離れ離れになった少女は寂しさを堪えながら山の頂にて眠りに付くと、目を覚ました場所は荘厳なる神殿だった。

何が起きたのかと考えていると、そこは夜眠りにつくことで花婿が現れて歓迎してくれた、それも神託にあった悪人ではなく、誠実な男性だったこともありプシュケは幸せな時間を過ごすこととなる。そうした日々の中、プシュケは1つの疑問を持つことになる。それは花婿が夜眠りに付いたときにしか会えないということだ。神託とは違って幸せな生活をしていると知った2人の姉たちが妹を祝福するために訪れた際、その事実を聞かされてやはり何かあるのではと提言する。姉達の意見もあり、やはり確かめなければならないと、プシュケはある夜に寝ている花婿を見るために灯りを照らすのだった。

そこにいたのは誰でもない、美しき容姿を持った一人の青年、アフロディーテーの息子であるエロスだった。恋に落ちたエロスが取ったのは自身を魔神として貶めることにより、プシュケと生きていく道を選択することだった。神だと知られてはいけない、禁を犯すことになるためエロスに出来るのはこのくらいだった。

まさかとばかりに驚くプシュケだったが、灯りを付けている蝋燭の蝋がエロスについて彼を起こしてしまう、知られてしまった真実、そして自分のことを信じてくれなかったプシュケに悲しみに暮れながら彼女の元を去っていく。自分を愛したのは神だった、しかしその愛は紛れもない本物だった、それなのに自分は彼のことを信じてあげられなかった、罪悪感に駆られながら一人の少女のうちにこみ上げてくる感情、それはエロスに対しての本物の愛だった。そして少女は決意する、もう一度会いたい、そして今度こそエロスと一緒になると。

女神についてもっとくわしく

試練を乗り越え、遂に1つに

エロスともう一度会いたい、プシュケはその願いをかなえるためただひたすらに歩き続けた、そしてやっと辿り着いたアフロディーテーの神殿にて、もう一度彼に会いたいと請うのだった。そんなプシュケに激怒し、許しを求めたければ試練を乗り越えてみせろと告げるのだった。山の穀物を種類別に一夜で分ける、黄金の羊の毛を刈り集めるなど、あらゆる難題をプシュケに課す。人間業では到底為しえないため絶望するが、彼女を助けるために自然界の動植物がプシュケを手助けして、難題を軽々とクリアしてしまうのだった。

そのことに益々怒りを見せるアフロディーテーは最後に、冥府の女王ペルセポネの元へ行き、『美の小箱』を受け取ってくるように命じた。冥界へは生身の人間ではいけないため自らの死をもってなそうとしていると、やはりそこでも何処からか聞こえた声で死なずに冥府へと辿り着くことに成功する。無事にペルセポネと面会した彼女は死を覚悟して小箱を嘆願すると、ここまで来た苦労をねぎらうとしてあっさりと与えた。

ようやくこれで会えると帰る道すがら、小箱を見てやつれてしまった自分にも少しくらい美を分けてはくれないだろうかと気の迷いによって思わず箱を開けてしまう。そこでプシュケを襲ったのは、冥界の眠りという死をもたらすものだった。アフロディーテーは元々エロスと会わせる気は無く、またペルセポネは美しい侍女が欲しかったという利害が一致したことで、最初からこの結末を用意していたのだ。眠りについてしまったプシュケ、これで終わりかと思ったがそこへ現れたのは誰でもない、エロスだった。冥府への入り口、そしてあらゆる難題を助けるために実は影ながら助力を与えていたのは全て彼だったのだ。目覚めるように流れ出た眠りを箱の中へ戻したことにより、プシュケは意識を取り戻す。

そしてエロスは主神たるゼウスに問うのだった、この人間の娘を渡しの妻として迎え入れたいと。その言葉に恋愛には寛大、もとい自分が浮気ばかりして奥さんに嫉妬ならざる復讐劇を作り上げてきたこともあり、ゼウスはエロスの願いを聞き入れることにし、プシュケは人間から女神へと生まれ変わるのだった。これまでの長い時間を埋め合わせるように2人は長い時間を過ごすこととなり、そして子供たちにも恵まれた。アフロディーテーも今度ばかりは人間ではなく女神の妻を迎え入れたという事実に、認めざるを得なかった。

神となったプシュケは献身的とも言える愛を貫いたことで恋愛の神として崇められ、そして恋人達の愛を守る象徴として人々に伝え聞かれるようになる。女神となった彼女は天子のような白い羽ではなく、蝶の様に色鮮やかな美しい女性として描かれている。これは1つの物語、神に愛された少女と、神を愛した少女との一途な恋物語。どこかの浮気ばかりして正妻を嫉妬魔神に昇華させている奔放主神には縁遠い話だ。

目指すは美魔女